2019年09月29日

『GIエア予想シリーズ・2019秋』ルール説明

-ルール-
1.対象は次の11(+2)レース
(ソース:JRAホームページ 重賞レース一覧 http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2019/g1.html

#01 09/29 スプリンターズS
#02 10/13 秋華賞
#03 10/20 菊花賞
#04 10/27 天皇賞(秋)
#05 11/10 エリザベス女王杯
#06 11/17 マイルチャンピオンシップ
#07 11/24 ジャパンC
#08 12/01 チャンピオンズC
#09 12/08 阪神ジュベナイルF
#10 12/15 朝日杯フューチュリティS
#-- 12/21 中山大障害
#11 12/22 有馬記念
#-- 12/28 ホープフルS
(注:12/22の中山大障害(J・GI)および12/28のホープフルSは番外です)

2.初期持ち点は1000ウマで、各回の予想時に1000ウマずつ追加支給する。(開幕時は、初期1000+支給1000=2000ウマになる) 実際の馬券購入と同じように持ち点を使用する。
(実際に賭けるわけじゃないので、『持ち点』とか『ウマ』とかいう単語を便宜的に使ってます)
3.原則として各回とも馬連で予想する。ただし、『馬単』『三連複』『三連単』での予想をそれぞれ1回ずつおこなう(使用時期・順番は問わない)。
4.予想点数の上限は、馬連:10点/馬単・三連複:12点/三連単:15点までとし、全ての点数を同じ式別で予想する(同じ式別なら『個別指定』『BOX』『フォーメーション』『ながし』の混在可)。
5.持ち点使用の上限は、スプリンターズS~エリザベス女王杯は1500ウマ、マイルチャンピオンシップ~朝日杯フューチュリティSは3000ウマで、最終の有馬記念は無制限。
6.予想を忘れた場合、その回の1000ウマ支給は無効とする。
7.番外になっている中山大障害とホープフルSでは、持ち点の支給はおこなわず、使用は任意とする。(上限は、中山大障害は3000ウマ、ホープフルSは無制限)

とまぁこんなトコです。

あくまでも『素人のエア予想』です。この予想に乗っかってハズレた(当たった)からと云って、四の五の言わないようにお願いします。(当方は一切の責任を負いません)
ラベル:競馬
posted by Schu at 13:19| Comment(0) | GIエア予想シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください